ロゴ
HOME>レビュー>賢くリール買取業者を活用する【査定額アップの秘訣】

賢くリール買取業者を活用する【査定額アップの秘訣】

釣具

釣りが好きでリールを持っているけれどもう使うことがないというリールがあるのであれば、専門業者に買取してもらうと良いでしょう。また、リールを買取してもらう前に少しでも高くで買取してもらえるポイントを押さえておくと良いです。

レビュー

リールの動きをチェックしてから査定にだしました【30代 男性】

子どもの頃からつりが趣味で、竿だけでなくリールにも色々凝った時期もあって自分で言うのもなんですが、結構なコレクションになっていました。マンション住まいなので、いくら一人暮らしと入ってもリールを置くだけでも場所をとります。それに最近では仕事が多忙で以前のように、海に川にと休日になればどこにでも出かけて釣り糸を垂れると言うのも難しくなってきたので、不要になったリールを専門店で買取ってもらうことにしました。せっかく大事にしてきたので少しでも高値が付くようにと、最低限動作確認だけはして動作するものを査定してもらいました。査定額については思った以上に高い値段がついたものもあったのでおおむね満足しています。店員さんによると動かないと買い取ってもらえないそうで、事前確認しておいて良かったです。

汚れをふき取るだけで査定金額がアップしました【20代 男性】

リールには少しこだわりのある私ですが、さすがにもう使わなくなってしまった旧モデルなどはそのままに保管しておいても、場所をとるだけなので思い切って専門店で買取ってもらうことにしました。新品時には結構な価格が付いていたものも何点か含まれているので、とりあえず目に付く汚れは丁寧にふき取ることにしました。海や川で使用すると砂などの色々な汚れが付くものなので綺麗にするように心がけましたが、新品についてもほこりなどが付着していないかと確認しながら、少なくとも見た目の印象は清潔感を持ってもらえるように意識しながらふき取りました。実際に査定してもらうと、だいたい予想していた額でしたが、なかには思わぬ査定がついたものもありました。それは保証書やアクセサリーなどの付属品が付いているものだったのです。付属品は捨てがちですが、将来売る時のことを考えると大切に残しておきたいと痛感しました。